メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン大統領

プレゼントの子犬にキス 65歳誕生日

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は11日、南部ソチで会談した中央アジア・トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領から、7日の65歳の誕生日を祝って自国産のアラバイ犬の子犬をプレゼントされた。犬好きで知られるプーチン氏は、小熊のようにプクプクした子犬を抱き上げ、おでこにキスした。

 アラバイ犬は中央アジア・シェパードの一種で、カーペットや馬(アハルテケ種)と共にトルクメニスタンのシンボルとなっている。ベルディムハメドフ氏は会談冒頭、子犬の首を片手でつかんで持ち上げて披露した。「ベルヌイ」(ロシア語で「忠実な」の意味)と命名されたという。

 プーチン氏は2012年に秋田県から秋田犬「ゆめ」を贈られた。露国営テレビによるとその2年前にはブルガリアから「バッフィ」という名の犬をプレゼントされている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か
  2. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
  3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
  4. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
  5. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]