メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

金融緩和縮小の影響が議論に 12日開幕

財務相・中央銀行総裁会議がワシントンで

 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12、13日、ワシントンで開かれる。先進国の金融緩和縮小が世界経済に与える影響などが議論される。日本は、2020年度に基礎的財政収支を黒字化させるという「国際公約」が達成できないことを説明する見通しだ。

 日本からは黒田東彦日銀総裁が出席、麻生太郎財務相は衆院選のため欠席し、浅川雅嗣財務官が代理出席する。

 世界では、景気回復を背景に米欧の中央銀行が金融緩和の縮小に向けた動きを本格化させている。米連邦準備…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです