メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

中村太地六段が初の王座獲得 羽生棋聖1冠へ後退

中村太地六段=東京都渋谷区で、西本勝撮影

 第65期将棋王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第4局は11日、横浜市西区で行われ、挑戦者の中村太地六段(29)が羽生善治王座(47)に80手で勝ち、3勝1敗で王座を獲得した。中村は3回目のタイトル挑戦で初の獲得。20代のタイトル保持者は佐藤天彦名人(29)のほか、今年8月、羽生から王位を奪取した菅井竜也王位(25)に続き3人目。羽生は、今年初めの3冠から棋聖の1冠へ後退した。羽生が1冠になったのは13年ぶり。

 中村六段は規定により七段へ昇段する。東京都出身、米長邦雄永世棋聖門下。2006年に棋士になり、実力…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです