メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京地裁 原発事故汚染ゴルフ場へ6億円 東電に賠償命令

 東京電力福島第1原発事故の影響で、原発から30キロ圏内に位置するゴルフ場が放射性物質に汚染され、コースの一部を閉鎖せざるを得なくなったとして、福島県南相馬市で「鹿島カントリー倶楽部(CC)」を経営する東京都内の会社が東京電力ホールディングス(東京都千代田区)を相手に約60億円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は11日、約6億7000万円の支払いを命じた。

     水野有子裁判長は「使用できなくなったコースについては財産的損害が、使用を続けられているコースについても営業損害が認められる」と述べた。

     訴えていたのは、鹿島CCを経営する鹿島総業(港区)。判決によると、鹿島CCは原発事故後に緊急時避難準備区域に指定され、一時休業。約3カ月後に3コースのうち1コースを閉鎖して営業を再開したものの、利用客は大幅に減少した。

     判決は「売り上げや収益の減少は、原発事故による区域指定で一時的に営業できなくなったことや、それに伴うコースの荒廃、放射性物質による汚染や風評被害などに起因している」と認定した。

     ゴルフ場側は「ゴルフ場を除染しなければ元通りの営業ができない」として全敷地の除染費用の負担なども求めたが、判決は「被ばく線量は低い傾向にあり、ばらつきもある」などとして退けた。

     東電側は「判決内容を確認した上で、対応を検討する」としている。【近松仁太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
    2. 旧陸軍戦闘機 幻のエンジン部品発見 初のジェット戦闘機「火龍」 B29迎撃目指し開発中に終戦
    3. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
    4. 殺人未遂容疑 生後11日の長男被害 24歳母逮捕 埼玉
    5. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]