懲戒請求

弁護士会に4万件超 「朝鮮学校無償化」に反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
各地の弁護士会に届いている懲戒請求のひな型=最上和喜撮影
各地の弁護士会に届いている懲戒請求のひな型=最上和喜撮影

6月以降全国で

 朝鮮学校への高校授業料無償化の適用、補助金交付などを求める声明を出した全国の弁護士会に対し、弁護士会長らの懲戒を請求する文書が殺到していることが分かった。毎日新聞の取材では、少なくとも全国の10弁護士会で計約4万8000件を確認。インターネットを通じて文書のひな型が拡散し、大量請求につながったとみられる。

 各地の弁護士によると、請求は今年6月以降に一斉に届いた。現時点で、東京約1万1000件▽山口、新潟各約6000件▽愛知約5600件▽京都約5000件▽岐阜約4900件▽茨城約4000件▽和歌山約3600件--などに達している。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文958文字)

あわせて読みたい

注目の特集