メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

睡眠のススメ

/下 リズムを守ることが大切

[PR]

 どもののうからだ発達はったつかせない睡眠すいみん睡眠不足すいみんぶそくになると、生活せいかつリズムがくずれて、不登校ふとうこうにつながることもあります。兵庫県立ひょうごけんりつリハビリテーション中央病院ちゅうおうびょういんどもの睡眠すいみん発達医療はったついりょうセンター(神戸市こうべし)の三池輝久みいけてるひさ特命参与とくめいさんよ(75)に睡眠すいみん大切たいせつさについてきました。【長尾真希子ながおまきこ

体内時計たいないどけいくるわぬよう

 睡眠すいみんには、からだのうつかれを回復かいふくさせるはたらきがあります。健康面けんこうめんだけでなく、運動うんどう勉強べんきょう成績せいせきまでも左右さゆうするとわれています。睡眠不足すいみんぶそくになると、のうつかれてこころからだわる影響えいきょうてきます。「昼間ひるまねむくなるだけでなく、いらいらしたり、やるがなくなったり、記憶力きおくりょく集中力しゅうちゅうりょく低下ていかし、不登校ふとうこうにもつながります。また、食事時間しょくじじかん不規則ふきそくになり、糖尿病とうにょうびょうなどの生活習慣病せいかつしゅうかんびょう肥満ひまんあるいはぎゃく食欲不振しょくよくふしんになるリスクがたかまります」と三池先生みいけせんせい注意ちゅういびかけます。

 もっとも大切たいせつなことは「どものうちに体内時計たいないどけい形成けいせいすることだ」と三池先生みいけせんせいうったえます。人間にんげんからだには、「体内時計たいないどけい」というにはえない時計とけいがあります。地球ちきゅう自転じてんわせ、やく24時間じかん一巡ひとめぐりとするリズムで、体温たいおん調節ちょうせつしたり、成長せいちょううながすホルモンのりょう変化へんかしたりするのです。睡眠不足すいみんぶそくつづき、生活せいかつリズムがくずれると、この体内時計たいないどけいくるってしまい、将来しょうらいにわたってさまざまな症状しょうじょうてしまいます=チェック表参照ひょうさんしょうひとつでもてはまるひとは、睡眠すいみん見直みなおしてみましょう。

よる時半じはんまでに

 自分じぶん必要ひつよう睡眠時間すいみんじかんることも大事だいじです。連載れんさい回目かいめ登場とうじょうした大阪府堺市三原台地区おおさかふさかいしみはらだいちくんでいたように、ねむりについた時刻じこく目覚めざめた時刻じこく昼寝ひるねした時間じかん記録きろくしてみましょう。週末しゅうまつ自然しぜんめるまでるようにします。すべての睡眠時間すいみんじかんして14ると、1にち必要ひつよう睡眠時間すいみんじかんかります。

 計算けいさん結果けっかとはべつに、小学生しょうがくせいなら1にち9~10時間じかん睡眠時間すいみんじかん確保かくほしたいといいます。睡眠不足すいみんぶそく蓄積ちくせきしていきます。「あさまでに起床きしょうするために、最低さいていでもよる時半じはんまでにはてください」と三池先生みいけせんせいびかけています。また、体内時計たいないどけいがずれると、週末しゅうまつ朝寝坊あさねぼうはじまり、時差じさぼけの状態じょうたいになります。ねむりにつく時刻じこく朝起あさおきる時刻じこく一定いっていにし、ばらつきは30~60分以内ぷんいないおさめることをこころがけましょう。

夕方以降ゆうがたいこうはスマホひかえて

 睡眠すいみん十分じゅうぶんにとるには、あさひかりびて朝食ちょうしょくべ、日中にっちゅうからだうごかすことも効果的こうかてきです。スマートフォンやゲーム画面がめんひかりはブルーライトとばれ、のう刺激しげきするために、睡眠すいみんうながすホルモンをにくくする作用さようがあり、おそ時間じかんに浴びるとねむれなくなります。三池先生みいけせんせいは、「夕方以降ゆうがたいこう使用しようひかえましょう。どうしてもやりたいなら、早起はやおきして学校がっこうまえにやっては」と提案ていあんしています。

 三池先生みいけせんせいは、医療いりょう教育きょういく役所やくしょ会社かいしゃんで社会全体しゃかいぜんたいで「眠育みんいく」にむことが大切たいせつだとうったえています。今年末ことしまつには、さまざまな組織そしき参加さんかする「日本眠育推進協議会にほんみんいくすいしんきょうぎかい」という団体だんたいつくって、眠育みんいくすすめようとかんがえています。


 ■睡眠不足すいみんぶそくチェックひょう

 あてはまる項目こうもくの□にチェックをれよう

朝起あさおきるのが苦手にがてになってきた

あさ学校がっこうきたくないとおも

日中にっちゅう機嫌きげんわるく、午後ごごからなお

授業中じゅぎょうちゅう居眠いねむりがあり、帰宅後きたくごねむってしまう

友人ゆうじんからきらわれているとおもんで、友人間ゆうじんかんのトラブルがおおくなる

□ボーッとして、無気力むきりょくである

□イライラして、攻撃的こうげきてきになる

きがなく、授業中じゅぎょうちゅう集中しゅうちゅうできない

成績せいせき低下ていかする。ケガをする

 ※三池輝久著みいけてるひさちょどものふかし のうへの脅威きょうい」(集英社新書しゅうえいしゃしんしょ)をもとに編集部へんしゅうぶ作成さくせい

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです