メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兄弟愛はライバル心を超える…シャルケファンの弟、ドルトファンの兄に腎臓提供

情報提供:サッカーキング

ライバル関係にあるシャルケとドルトムント [写真]=Bongarts/Getty Images、Borussia Dortmund/Getty Images
 シャルケファンの弟がドルトムントファンの兄に腎臓を提供し、命を救ったことが話題となっている。8日付のドイツ紙『WAZ』によれば、手術を行ったのはミヒャエル・ライスター氏(シャルケファン)とホルガー・ライスター氏(ドルトムントファン)の二人だ。

 手術当日、2人は愛するクラブのユニフォームを着て手術室に入ったという。2005年に右足を失う事故に遭ってから、ホルガーさんは痛み止めの薬を飲み続けていた。しかし、薬が原因で腎臓が機能しなくなるほどの状態となってしまったという。兄の症状を聞いた弟のミヒャエルさんは「この話を聞いたとき、無条件でこの手術を受けることを決めた」と話している。

 ホルガーさんの手術は無事終了。担当医の話によると、移植した腎臓の適応までに時間がかかるそうだが、ホルガーさんはユーモアを忘れない。移植された腎臓が抗体を作り始めるのがわかると「私の身体がシャルカー(シャルケのファン)の身体の一部に適応しないといけないのは、はじめから分かっていたよ」と笑った。「ドイツでは、腎臓移植の提供者が現れるのに10年かかると言われるけど、ドルトムントの年間チケットを買うためには12年もかかるんだ」と愛するクラブを自慢も忘れない。

 ライバルクラブを応援する兄弟だが、サッカーに関する現実的な見解は共有しているようだ。「ブンデスリーガ優勝はどのクラブになると思いますか」と聞かれると「バイエルン」と声を揃えたという。少なくとも、今の状況では喧嘩にはならなさそうだ。



【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
  2. 岡山・津山の母娘死亡事故 広島の運送会社、スペアタイヤ落下か 現場に固定チェーン
  3. プロレス アントニオ猪木氏「生前葬」 ハンセンら参列
  4. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
  5. 衆院選 首相「何にとは言えないが『負けない』」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]