メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学入試

国立大、マーク式と民間 新テスト、英語で両方必須 20~23年度

 大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語について、国立大学協会(国大協)は、23年度までの4年間、新たに活用する民間試験と現行のマークシート式試験の両方を受験生に課す方針を決めた。来月開く総会で正式決定する見通しだ。

 共通テストの英語は、読む・聞く・話す・書くの4技能を総合的に測るため、英検やTOEFLなどの民間試験の中から、学習指導要領に対応しているものなどを活用する。高校3年の4~12月に2回まで受験でき、成績は大学の求めに応じて素点と、国際基準規格「CEFR」(セファール)に基づく6段階の評価を提供する。

 英語は24年度から民間試験に全面移行することが決まっている。制度変更による受験生や大学への影響も大…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文852文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです