メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 北野武監督がヤクザ社会に生きる男たちの権力抗争を描いた「アウトレイジ」シリーズ最終作。花菱会幹部の花田(ピエール瀧)が韓国でトラブルを起こし、日韓を牛耳るフィクサー張会長の手下を殺害。花菱と張グループは一触即発の状態になる。張会長の下で身を隠していた大友(ビートたけし)は、過去を清算しようと日本に戻る。花菱会内部では会長(大杉漣)と若頭(西田敏行)らのトップをめぐる争いが勃発する。

 裏切りや報復に血眼になる男たちの啖呵(たんか)や怒号の応酬がテンポ良く痛快。顔やしわのアップを多用…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです