メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースプラス

新幹線札幌駅ホーム建設 「地下案」に不安、期待も 建設費高騰や工期の問題指摘 /北海道

新幹線ホーム位置で「地下案」も検討されることになったJR札幌駅周辺=本社機「希望」から竹内幹撮影

 2030年度末に予定されている北海道新幹線札幌延伸時の札幌駅ホーム建設場所を巡る問題が混迷を極めている。JR北海道と鉄道建設・運輸施設整備支援機構が検討してきた2案の課題が解決できず、新たに地下案を検討することになったが、関係者からは工事費の高騰や「30年度末の開業に間に合うのか」などと不安の声が挙がっている。【日下部元美、野原寛史、田所柳子】

この記事は有料記事です。

残り1516文字(全文1690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです