メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

宿泊実習でサケ人工授精 小樽水産高校 /北海道

メスのサケの腹を切開して採卵する生徒たち

 小樽水産高校(木村司校長)栽培漁業科の必修科目の一つに「古平実習」がある。学校がある小樽市から約40キロ離れた積丹半島・古平町の丸山岬付近にある同校の実習施設「古平栽培漁業実習場」に寝泊まりし、サケやヒラメ、ウニ、ホタテなど魚介類の稚魚・稚貝の育成(種苗生産)や、エサとなるプランクトンの培養などに関する知識や技術を磨く。1泊2日の日程で例年、1年生は2回、2、3年生は各6回実施している。

 9月下旬、3年生最後の古平実習を見学した。就職活動と重なった2人を除く35人の生徒が「サケ班」と「…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文670文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです