メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

居場所を 当事者らNPO設立へ /茨城

 LGBTなど性的少数者の居場所を作ろうと、県内に住む当事者らがNPO法人の設立に向けて準備を進めている。性の多様性を示す「虹」を入れ、団体名は「RAINBOW茨城」とする予定だ。会長に就任する水戸市の介護福祉士、滑川友理さん(30)は「茨城などの地方は、東京に比べると当事者のコミュニティーが少ない。LGBTへの認知や理解を広げ、当事者が生きやすいよう活動していきたい」と意気込む。【加藤栄】

 9月16日午後、市内のカフェで設立に向けた会議が開かれた。滑川さんら6人が集まり、月1回交流会を開…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文836文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです