メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

居場所を 当事者らNPO設立へ /茨城

 LGBTなど性的少数者の居場所を作ろうと、県内に住む当事者らがNPO法人の設立に向けて準備を進めている。性の多様性を示す「虹」を入れ、団体名は「RAINBOW茨城」とする予定だ。会長に就任する水戸市の介護福祉士、滑川友理さん(30)は「茨城などの地方は、東京に比べると当事者のコミュニティーが少ない。LGBTへの認知や理解を広げ、当事者が生きやすいよう活動していきたい」と意気込む。【加藤栄】

 9月16日午後、市内のカフェで設立に向けた会議が開かれた。滑川さんら6人が集まり、月1回交流会を開…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです