移動図書館車

地域の魅力積む  相模原のNPO計画「途上国支援のモデルに」 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
西村さんの絵本を展示した移動図書館車と高濱さん
西村さんの絵本を展示した移動図書館車と高濱さん

 相模原市緑区のNPO「Class for Everyone」代表の高濱宏至(こうじ)さん(32)が、同区藤野地域で移動図書館車の運行を計画している。同区の絵本作家・西村繁男さんの絵本や旧藤野町で活動する工芸家らアーティストの作品、有機栽培の野菜など地域の魅力を積んで定期的に周回し、イベントでの出店も構想している。【高橋和夫】

 高濱さんはアジア、アフリカなど発展途上国の子どもたちへの教育支援を目的にNPOを設立した。フィリピンのスラム街に滞在した時、家の外で勉強する子どもに出会い、「もっと勉強できる機会をつくってあげたい」と考えたからだ。中古パソコンや太陽光発電のソーラーパネルを再利用して非電化地域の教育環境を整えるほか、アフリカ諸国の山奥など遠隔地に住む子どもたちに移動図書館車で本を届けている。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文766文字)

あわせて読みたい

注目の特集