サツマイモ

収穫体験 燃料化へスマートファーム協企画 22日、参加者募集中 紀の川 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地球温暖化対策などとしてイモを効率よく栽培して燃料化する実験に取り組む「紀の川スマートファーム協議会」(中川皓次会長)は22日、紀の川市内でサツマイモの収穫体験や勉強会を催す。参加者を募っている。

 協議会は市や近畿大生物理工学部、JA紀の里などで構成する。市内にある農場では、イモ類を原料とした燃料…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集