メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ

ハマス、ガザ地区の行政権限移譲 自治政府と合意

合意署名に臨むファタハ交渉団のアフマド(右)、ハマス交渉団のアルーリ両氏=カイロで、ロイター

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府を主導する主流派ファタハとパレスチナ自治区ガザ地区を実効支配してきたイスラム原理主義組織ハマスは12日、ガザ地区の行政権限移譲などに合意した。2007年以降、ヨルダン川西岸とガザの2地区で続いてきた分断状況の解消に向け期待が高まっている。

 仲介役のエジプト当局が発表した声明によると、ハマスは12月1日までにガザ地区の行政権限を自治政府に移譲する。また、総選挙実施などを含む11年5月のカイロ合意に参加した全党派による会議を11月21日にカイロで開催する。両者の和解…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです