ミャンマー

スーチー氏、難民支援 ロヒンギャ、国内帰還へ新組織

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【バンコク西脇真一、ニューデリー金子淳】ミャンマーのアウンサンスーチー外相兼国家顧問は12日夜、ミャンマー語で国民向けテレビ演説を行った。少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民や国内避難民が大量発生している問題に関して、自らが率いる新組織を設立し、難民帰還や人道支援などの活動を来週開始すると発表した。

 スーチー氏は、海外でミャンマー政府に批判が高まっていることを念頭に、状況は自分たちが一番よく分かっていると強調。難民の受け入れなどを最優先する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文599文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集