メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千種ゆり子・お天気みちくさ

紅葉も社会も多色が美しい

北海道・大雪山系の紅葉=2017年9月22日午前11時42分、本社機「希望」から竹内幹撮影

 日本列島は南北に長いとよく言われますが、秋から冬に向かう時が一番それを実感できる気がします。沖縄では10月になっても真夏日が続き異例の暑さとなっています。一方、北海道では札幌の市街地でも木々が色づき、冬タイヤへの交換など冬支度が始まっています。

 日本列島が長いのは南北方向にだけではありません。「上下」にも長いのです。上下とは「標高差」のこと。関東から九州でも、山では紅葉が見ごろとなってきています。

 気温の低下によって紅葉は進んでいきますので、気温が同じくらいなら、紅葉の時期も同じくらいになります…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです