野球

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ 山岡、京田ら選出 オーバーエージに山川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野球日本代表「侍ジャパン」トップチームの稲葉篤紀監督は12日、日本と韓国、台湾の若手プロ選手による国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日、東京ドーム)の日本代表選手25人を発表した。

 大会出場資格の「24歳以下(1993年1月1日以降生まれ)またはプロ入団3年目以内」から22人、3人以内の選出が可能な「オーバーエージ枠」には投手の又吉(中日)、捕手の甲斐(ソフトバンク)、内野手の山川(西武)を選んだ。プロ1年目選手は投手で山岡(オリックス)、平井(西武)、堀(日本ハム)の3人、内野手で京田(中日)、源田(西武)の計5選手。ヤクルトを除く11球団から選出され、最多は西…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文773文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集