メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新作ゲーム紹介

「ロストスフィア」 RPG全盛期のゲーム体験を“再現”

「ロストスフィア」のゲーム画面 (C) 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Tokyo RPG Factory.

 1990年代のRPG全盛期のゲーム体験を、最新の技術で再現するゲームプロジェクト「Project SETSUNA」の第2弾となる「ロストスフィア」(スクウェア・エニックス)が12日、PS4とニンテンドースイッチで発売された。存在そのものが消えてしまう「ロスト現象」に襲われた世界で、主人公たちが失われた記憶を呼び覚ましながら世界を救う……という内容。

 主人公は月鐘の街・エルで育ち、記憶で世界を作る力に覚醒した少年カナタ。幼いころに失踪した母親を探すため、世界中で発生しているロスト現象を調査する帝国へ協力し、幼なじみのルミナやロックと共に、冒険に旅立っていく。

 ゲームは、往年のRPGを思わせる見下ろし画面で進行し、バトルシステムも1995年にスーパーファミコン向けに発売された人気ゲーム「クロノ・トリガー」をベースにしている。本作では新たにバトル中、任意のキャラクターを自由に移動させられるようになり、より複雑な戦術が取れる。

 カナタは「記憶の結晶」を入手することで、その記憶にかかわる事象をロスト状態から回復できる。記憶の結晶は、ゲーム中の会話やモンスターとのバトルなど、さまざまなきっかけで入手できる。

 ロストスフィア(PS4、SW) CEROレーティングB(12歳以上対象) スクウェア・エニックス 5800円(パッケージ版・ダウンロード版とも同じ、税抜き) 10月12日発売

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金井宇宙飛行士 ガラス越しに両親、婚約者と別れ
  2. 火災 風俗店から出火4人死亡 1人重体7人軽傷 埼玉
  3. 飛行機 道路をそろり航空博物館お引っ越し 岐阜・各務原
  4. 風俗店火災 4人死亡 1人重体、7人けが 昨年、消防が改善指導 さいたま・大宮
  5. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]