メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

一時2万1000円台

 13日の東京株式市場は、国内外の景気拡大への期待から買い注文が優勢となり続伸。日経平均株価は一時、前日終値比70円超値上がりし、取引時間中としては1996年12月以来約20年10カ月ぶりに2万1000円台を回復した。

     取引開始直後から、国内企業の業績改善を期待した買い注文と、12日の米株式市場の下落などを受けた売り注文が交錯していたが、次第に値を上げ、2万1000円の大台を突破した。

     日経平均は2日から12日まで8営業日続伸中で、12日には取引時間中としては約20年10カ月ぶりの高値をつけていた。

     東京外国為替市場は、1ドル=112円台前半と円安基調を維持している。【岡大介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?
    2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    3. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
    4. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
    5. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]