神戸製鋼

鉄鋼でも不正 「線材」契約に不適切な行為

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アルミ・銅製品などで品質検査データの不正が発覚した神戸製鋼所で13日、新たに主力の鉄鋼製品でも契約違反の不正が見つかった。同社によると、「線材」と呼ばれる線状の鉄鋼製品で「今回は検査データの改ざんではなく、納入先との契約に不適切な行為が見つかった。品質には問題がない」という。

 川崎博也会長兼社長が同日午後、記者会見…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文385文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集