メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄鋼でも不正 「線材」契約に不適切な行為

 アルミ・銅製品などで品質検査データの不正が発覚した神戸製鋼所で13日、新たに主力の鉄鋼製品でも契約違反の不正が見つかった。同社によると、「線材」と呼ばれる線状の鉄鋼製品で「今回は検査データの改ざんではなく、納入先との契約に不適切な行為が見つかった。品質には問題がない」という。

     川崎博也会長兼社長が同日午後、記者会見を開いて発表する。線材は自動車のエンジンやサスペンションなどの部品に使われている。神戸製鋼ではこれまでアルミ・銅製品のほか、鉄粉と光ディスクの材料で検査データの不正が見つかっている。

     川崎氏は12日、記者団に「今後、新たな不正事案が発生する可能性がある」と述べたが、「(疑わしいものに)鉄は入っていない」と発言したばかりで、鉄鋼については、鉄粉製品以外に不正はないと断言していた。新たに線材が加わったことで、川崎氏の説明責任が問われそうだ。【川口雅浩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 商工中金、なぜ不正?=回答・小川祐希
    2. 立憲民主 「無所属と連携」議論へ 希望に小池氏排除の声
    3. 台風21号 日本最古の羽衣伝説の柳倒れる
    4. 商工中金全店不正 ノルマ重視、改ざん誘発
    5. 神戸地下鉄 阪急線との乗り入れ、本格検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]