メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユネスコ

イスラエルも脱退へ パレスチナ遺跡登録に反発

 【ニューヨーク國枝すみれ、エルサレム高橋宗男】米国が国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)からの脱退方針をユネスコに通知したことについて、ヘイリー国連大使は12日の声明で、イスラエルが占領するヨルダン川西岸パレスチナ自治区のヘブロン旧市街と「族長たちの墓」と呼ばれる史跡がパレスチナの世界危機遺産として7月に登録が決まったことを脱退理由の一つに挙げ、「政治利用で恥さらし」と非難した。

     イスラエルのネタニヤフ首相も同日声明を発表し、脱退するよう外務省に指示したと明らかにした。

     ヘイリー氏は声明で、ユネスコが「政治利用による愚かな行為」を繰り返していると指摘し、7月の遺跡登録決定を批判。「米国民の税金を価値観に反する政策に使う必要はない」と主張した。すべての国連機関について米国の観点を反映しているかを基準に査定し続ける方針を明らかにした。

     一方、ヘブロン旧市街や族長たちの墓の遺産登録に反発していたイスラエルのダノン国連大使は12日、「(今後は)イスラエルを差別すると、代償を払うということだ」とする声明を発表した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相 止まらぬ朝日「口撃」 間違い、哀れ…持論展開
    2. AV問題 被害者や引退女優ら対象の作品削除窓口を開設
    3. 米軍機タンク投棄 漁船まで200m 漁すべて中止 青森
    4. 日本薬科大 花粉症に効果? 「麺屋武蔵」でラーメン販売
    5. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]