メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫カフェ

カープ猫も33年ぶりの日本一応援するニャ

ユニホームを着た猫(手前)と、背番号入りのバンダナを巻いた猫たち=広島市中区のネコリパブリック広島で、小山美砂撮影

 プロ野球・広島東洋カープのユニホームを身にまとった勝利の招き猫「カープ猫」に会えるカフェがある。飼い主に捨てられるなどして保護された猫と触れ合い、引き取ることもできる保護猫カフェ「ネコリパブリック広島」=広島市中区大手町5=だ。スタッフも全員カープファンといい、人も猫も一緒に33年ぶりの日本一に向けて応援している。

 14匹いる猫のうち、ユニホームのサイズが合う2匹が「カープ猫」。「レギュラー」で着用するのは、チャコット(オス、推定11カ月)。服を着せるとバランスがとれずに走れなくなる猫が多いが、チャコットは普段より元気に走り回るという。活発に動く姿は「菊池(涼介選手)のよう」と好評だ。ユニホームが着用できない猫も、背番号9(丸佳浩選手)、25(新井貴浩選手)、33(菊池選手)がそれぞれついたスタッフお手製の…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです