新大学テスト

国立大「マーク式と民間」英語で両方必須に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

20~23年度

 大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語について、国立大学協会(国大協)は、23年度までの4年間、新たに活用する民間試験と現行のマークシート式試験の両方を受験生に課す方針を決めた。来月開く総会で正式決定する見通しだ。

 共通テストの英語は、読む・聞く・話す・書くの4技能を総合的に測るため、英検やTOEFLなどの民間試験の中から、学習指導要領に対応しているものなどを活用する。高校3年の4~12月に2回まで受験でき、成績は大学の求めに応じて素点と、国際基準規格「CEFR」(セファール)に基づく6段階の評価を提供する。

 英語は24年度から民間試験に全面移行することが決まっている。制度変更による受験生や大学への影響も大きいことから、文部科学省は7月、23年度までの4年間を移行期間と位置付け、センター試験と同様のマーク式を1月に実施し、民間試験と併存させることを決めた。民間試験とマーク式のいずれか、または両方を受験生に課すかは各大学が判断するため、受験生は志望校によって試験への対応を変える必要がある。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文860文字)

あわせて読みたい

ニュース特集