メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フンボルトペンギンの「グレープ君」天国へ

「けものフレンズ」のキャラクターのパネルを見つめる生前のグレープ=東武動物公園提供

 埼玉県宮代町の東武動物公園は13日、「恋するペンギン」として親しまれたフンボルトペンギンの雄、グレープが死んだと発表した。14日から献花台を設ける。

 今春、人気アニメ「けものフレンズ」との提携キャンペーンで、少女化されたフンボルトペンギンのキャラクターを見つめる姿がネット上で話題に。10日から体調を崩し、12日に21歳で死んだ。人間なら約80歳にあたる。

 かつてパートナーの雌にふられる苦い経験もしたグレープ。晩年の人気急上昇に、飼育員の根本恵里さん(25)は「たくさんの方に愛してもらい、幸せだったと思います」と悼んだ。【木村健二】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  2. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  3. ゴキブリ 繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進
  4. 台風21号 近畿地方 浸水や大規模停電、ボートで救助も
  5. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]