メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「労働時間管理しっかりやれば…」両親会見

 NHK記者の佐戸未和さん(当時31歳)が2013年に過労死した問題で、佐戸さんの両親が13日、記者会見し、「労働時間の管理をしっかりやれば、死なずに済んだはず」と訴えた。NHK側が両親に謝罪したのは、亡くなってから4年以上が経過した今年9月だったという。

 NHKによると、佐戸さんは13年7月に自宅でうっ血性心不全で亡くなり、渋谷労働基準監督署が14年5月に労災認定した。直前1カ月の時間外労働は、過労死ライン(直前1カ月100時間)を上回る159時間に達していたと認定された。【古関俊樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルタ 「パナマ文書」報道記者殺害か 運転中に爆弾爆発
  2. 福岡県警 AKBのCD585枚、不法投棄疑い 書類送検
  3. AKB48 総選挙に国費 沖縄振興予算から2800万円
  4. 京都地検 オートバイあおり、事故か…危険運転致傷で起訴
  5. 衆院選 我が党 「すしネタ」にたとえると?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]