パレスチナ

ハマス、行政権限移譲 ガザ、自治政府と合意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府を主導する主流派ファタハとパレスチナ自治区ガザ地区を実効支配してきたイスラム原理主義組織ハマスとは12日、ガザ地区の行政権限移譲などに合意した。2007年以降、ヨルダン川西岸とガザの2地区で続いてきた分断状況の解消に向け期待が高まっている。

 仲介役のエジプト当局が発表した声明によると、ハマスは12月1日までにガザ地区の行政権限を自治政府に移譲する。また、総選挙実施などを含む11年5月のカイロ合意に参加した全党派による会議を11月21日にカイロで開催する。

 両者の和解協議は過去にも最終的に妥協できず頓挫を繰り返した経緯がある。最大の焦点であるハマス軍事部門の扱いなどで合意できるかが今後の進展のカギとなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文677文字)

あわせて読みたい

注目の特集