メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁止条約

「全ての国が批准を」国連欧州本部事務局長

北朝鮮情勢めぐり「世界は大惨事の寸前」

 【ジュネーブで三木幸治】 核兵器禁止条約の制定に貢献した国際NGOネットワーク「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN=アイキャン)のノーベル平和賞受賞決定を受け、国連欧州本部のマイケル・モーラー事務局長が毎日新聞の取材に応じた。モーラー氏は核兵器禁止条約に核保有国を含め「全ての国が入るべきだ」と強調。今回の平和賞は、核軍縮の重要性を一般の人にも広く伝えたと評価した。

 モーラー氏は核保有国、非核保有国が軍縮交渉を行うジュネーブ軍縮会議の事務総長も務めるが、ICANの…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文626文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 西日本豪雨 多くの住民、学校に避難 教職員ら対応に追われ
  4. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ
  5. IR実施法案 「カジノ、観光に波及」? 国会で論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]