メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユネスコに脱退を通知 「反イスラエル的」理由に

 【ワシントン高本耕太、パリ賀有勇】米国務省は12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)からの脱退方針をユネスコ側に通知したと発表した。「機関の運営実態や反イスラエル的な姿勢への懸念」を理由に挙げている。今後、世界遺産の保護など重要課題への取り組みに米国の観点を反映させるためオブザーバーの立場で関与を続けたいとしている。正式脱退は2018年12月31日付。

     米国の脱退表明を受けユネスコのボコバ事務局長は「非常に残念に思う。多国間協調主義にとり損失だ」との声明を出した。

     米国はオバマ前政権当時の11年、ユネスコがパレスチナの加盟を承認したことで分担金の拠出を停止した。米国内法が、パレスチナ解放機構(PLO)に正式加盟国の地位を与えた国連機関への資金拠出を禁止しているためだ。米国の拠出金はユネスコ予算の分担率では約22%と最大だったため、ユネスコは資金不足に陥り、職員の早期退職や寄付を募るなど対応に追われた。

     ボコバ事務局長は15年10月、ユネスコ本部を訪れたケリー米国務長官(当時)を招いた昼食会で、「ユネスコには米国が必要だ。どんな家族にでも問題はあるが、必ず解決できる」と関係修復を呼びかけていた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
    2. 大阪・摂津職員 カラ残業、焼却施設8人3年間 市が調査
    3. 立憲民主 「無所属と連携」議論へ 希望に小池氏排除の声
    4. 神戸地下鉄 阪急線との乗り入れ、本格検討
    5. 衆院選 「鉄の天井、改めて知った」希望の小池氏

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]