メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横山大観

生誕150年回顧展 来年4月東京でスタート

「生誕150年 横山大観展」の記者発表で約100年ぶりに発見された「白衣観音」について解説する東京国立近代美術館の鶴見香織主任研究員=東京都千代田区で2017年10月12日午後2時19分、藤井太郎撮影

 明治元年に生まれた日本画の巨匠、横山大観(1868~1958年)の回顧展「生誕150年 横山大観展」(毎日新聞社など主催)の開催概要が12日、会場の東京国立近代美術館(東近美、東京都千代田区)で発表された。会期は東近美で来年4月13日~5月27日、京都国立近代美術館(京近美、京都市左京区)で6月8日~7月22日。「明治150年」の節目に、約40メートルで日本一長い絵巻とされる重要文化財「生々流転」や、あでやかな「夜桜」「紅葉」など代表作が一堂にそろう。

     併せて、約100年ぶりに所在が分かったインド風の「白衣観音」や、ハレー彗星(すいせい)という新奇な主題を扱った「彗星」など、創意工夫が見られる前期の作品も積極的に紹介する。記者会見で東近美の鶴見香織主任研究員は「人を驚かすことが大観は大好きで、そのために不断の努力をした側面がある」と指摘。挑戦的な作品を手厚く集めることで「ほかの名作も『ありがたい作品』というだけではない、別の見方ができるようになる」と意義を語った。

     また、京近美の松原龍一学芸課長によると、30年のローマ展に出品した3作も紹介する。同展は、西洋における初の大規模な日本美術展となった。【高橋咲子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 住吉都さん死去 小平悲痛な思い「心の支えになって」
    2. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
    3. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
    4. 金の言葉 羽生結弦/1 いろんなものを犠牲に頑張ったご褒美 連覇の誇り、かみしめ
    5. 高知医療センター 食道がん患者の胃を誤って摘出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]