メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地ソフト

群馬の農業系高校生ら、地元の食材で開発 

地元の農畜産物を生かした3種類のソフトクリーム。左から「トマト」「桑茶」「青梅」=畑広志撮影

 群馬県の農業系高校の生徒たちが、地元で取れる食材を生かした3種類の「ご当地ソフトクリーム」を開発した。14日から1カ月の期間限定で、同県内の道の駅などで販売する。

     地元の農畜産物の販路拡大につなげようと県が企画。藤岡北、富岡実業、安中総合学園の3校の生徒が8~9月の2カ月間、試行錯誤して完成にこぎつけた。それぞれが使った材料はトマト、桑茶、青梅。

     安中総合学園高は、地元特産で学校でも栽培している青梅のシロップを混ぜ込んだ。3年の落合唯さん(18)は「刺激的で爽やかな酸味がこれまでのソフトクリームにはない味」とPR。【畑広志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』放送開始4分前から何かが起こる
    2. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    3. 大相撲初場所 横綱・白鵬が休場 5日目から
    4. イプシロン 3号機打ち上げ成功 小型観測衛星搭載
    5. 野田元首相 SPゼロにぼやき「ドア開閉の人いない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]