メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警視自殺

残業200時間 国体担当、「公務災害」と認定

 2015年秋に和歌山県内で開催された国体で、交通規制などの責任者だった県警警備部の男性警視(当時54歳)が自殺し、地方公務員災害補償基金県支部が長時間勤務と自殺との因果関係を認めて「公務災害」と認定していたことが12日分かった。超過勤務は月200時間を超えていた。

 県警によると、警視は14年4月から、国体開催に伴う交通規制の立案や交通整理の人員配置などの統括責任者を務めていた。残業が午前2~3時に及ぶこともあり、15年6、7両月の超過勤務はいずれも月200時間を超え、同年6月11日からの1カ月間では239時間に上った。また、同年5月以降の約3カ月間は2日しか休みがなかったという。

 同年8月16日、自宅で自殺しているのを家族が発見した。周囲には生前、「(仕事の)重圧が大きい」との…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです