メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

啄木ケセン語訳

震災生き抜いたおんばたちが“翻訳”

大船渡市の仮設住宅集会所で、啄木の短歌を土地の言葉に訳す新井さん(左)と参加者のおんばたち=2015年8月6日(新井さん提供)

 東日本大震災の後、横浜市在住の詩人で埼玉大准教授、新井高子さん(51)が岩手県大船渡市に何度も通い、地元の「おんば」(「おばさん」の愛称)たちに「ケセン語」と呼ばれる方言を教わりながら、石川啄木の短歌を土地の言葉に“翻訳”した。そんな100首が一冊の本「東北おんば訳 石川啄木のうた」にまとまった。ナイーブな青春の孤独を詠んだ啄木と震災を生き抜いたおんばたちの“言葉のコラボ”。その不思議な魅力とは……。【小国綾子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3209文字(全文3431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです