メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリSG会長、スイス検察から刑事訴訟…W杯放映権を見返りに賄賂の疑い

情報提供:サッカーキング

パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長 [写真]=Getty Images
 パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長に対し、スイスの検察当局が刑事訴訟手続きを始めていたことを12日に発表した。イギリスメディア『BBC』が同日に報じた。

 同当局は今年3月20日に贈収賄、詐欺、文書の偽造などの容疑で、ヴァルケ氏やアル・ケライフィ会長らの訴訟手続きを開始していたという。同会長は大手メディア『beIN Sports』のCEO(最高経営責任者)を務めており、2026年と2030年のワールドカップの放映権を見返りに、元FIFA事務局長のジェローム・ヴァルケ氏に賄賂を渡したことを疑われている。

 ヴァルケ氏はワールドカップのチケット不正販売やワールドカップ誘致における賄賂の授受などを告発され、2016年1月にFIFA事務局長を解任、同2月には12年間の活動停止処分を言い渡されていた。スイスの検察当局は、同年3月にヴァルケ氏に対する刑事訴訟を起こし、現在も調査が行われている。また、その調査の中でアル・ケライフィ会長が関わる不正が発覚したようだ。

 同当局は発表を行った12日に、容疑者としてヴァルケ氏の取り調べを行い、今後はフランス、ギリシャ、イタリア、スペインの当局と協力して調査を行うという。

【関連記事】
ネイマール獲得のPSG、FFP違反で補強禁止やCL追放の可能性も…来年に罰則か
イングランド、W杯招致での密約失敗…裏切った韓国「これがサッカー」
日本、W杯招致のためFIFA前会長らに計300万円以上のギフト贈呈
バロンドール候補30名発表…ベイルやイニエスタら落選、昨年から17名入れ替え
「先制された時は死にたい気分だった」…メッシが語る予選敗退の恐怖

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 自民・小泉氏「安倍政権への国民の飽きを感じた」
  2. 衆院選 民進・前原氏「希望の党中心、一旦立ち止まる」
  3. 衆院選 「小池ファーストなだけ」 都民フ支持者そっぽ
  4. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  5. 衆院選 若狭勝氏が落選 比例復活ならず 東京ブロック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]