メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

今夏PSG移籍のムバッペ、3年前にライプツィヒが「獲得間近だった」

情報提供:サッカーキング

今夏パリ・サンジェルマンに移籍したムバッペ [写真]=Getty Images
 今夏にモナコからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペ。将来を嘱望されているフランス期待の若手FWは、いまから約3年ほど前、2014-15シーズンの冬にライプツィヒへ入団間近にあったようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が12日に伝えた。

 ライプツィヒのスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は、ドイツ紙『ビルト』に対し、「ほとんど獲得できるところまでいっていたんだ」とコメント。当時ライプツィヒはまだブンデスリーガ2部で戦っており、一方のムバッペはまだモナコでトップチームデビューを果たす前のユース選手だった。

「しかし、問題となったのは、その時にアレクサンダー・ツォルニガー氏を解任していて、将来が不透明になっていたことだったんだよ」と説明。「そこでキリアンの父からは、もしも私が監督をするのであれば加入する用意があると言ってくれたんだ。しかし、そのことを移籍期限までに約束することができなかったんだよ」と言葉を続けている。

 最終的にライプツィヒは、シーズン終了までアヒム・バイアーロルツァー氏を監督に立てて戦ったが、1部昇格を逃したことからその夏よりラングニック氏が監督を務める結果となった。

 一方のムパッペは、2015年12月にモナコにてトップチームデビューを果たし、翌16-17シーズンにはチャンピオンズリーグ4強進出に大きく貢献するなど注目を集め、今夏には移籍金1億8000万ユーロ(約240億円)という大金でパリ・サンジェルマンへと加入している。

【関連記事】
ネイマール獲得のPSG、FFP違反で補強禁止やCL追放の可能性も…来年に罰則か
ドイツ代表フンメルスが並んで順番を守る日本人の姿に感激「独では100000%ムリ」
サッカー界屈指のモテ男ケディラ、絶世の美女と破局も今度は世界的スーパーモデルと交際
スペインの至宝ラウールが語る内田篤人「アツトとは良い思い出しかない」

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]