メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

1年半 犠牲の店長、悼む

 昨年4月の熊本地震の発生から14日で1年半になった。熊本市東区の坂本龍也さん(当時29歳)が14日の前震で倒壊したブロック塀の下敷きになって死亡した熊本県益城(ましき)町の事故現場には、坂本さんをしのんで花を供える人の姿があった。

 被災時に一緒に下敷きになり、左脚の骨折による後遺症がある益城町の本村春子さん(58)。坂本さんは本村さんが勤めていた弁当店の店長だった。ブロック塀は本村さん宅と隣の病院の境界にあった。

 「暗闇の中、あっという間に塀が落ちてきた。横にいた店長のおかげで隙間(すきま)ができたが店長がいな…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです