特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

青森山田、初戦で惜敗 八戸学院光星はコールド勝ち /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【一関学院-八戸学院光星】七回裏八戸学院光星無死、右越えに本塁打を放った長南 拡大
【一関学院-八戸学院光星】七回裏八戸学院光星無死、右越えに本塁打を放った長南
【利府-青森山田】最終打席で3点適時打を放つも1点差で敗れ、試合後に相手チームの校歌を聞く青森山田の長尾(手前)=福島県営あづま球場で 拡大
【利府-青森山田】最終打席で3点適時打を放つも1点差で敗れ、試合後に相手チームの校歌を聞く青森山田の長尾(手前)=福島県営あづま球場で

 第70回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞福島支局など後援)が13日開幕し、1、2回戦計4試合が福島県営あづま球場(福島市)とヨーク開成山スタジアム(郡山市)で行われた。

 県勢の八戸学院光星は、一関学院(岩手)に9-2でコールド勝ちした。県大会優勝の青森山田は利府(宮城)に6-7で惜敗し、初戦で姿を消す波乱となった。14日は2回戦6試合が行われ、光星の他に弘前東が登場する。【北山夏帆】

長南が本塁打

 <県営あづま球場>

 ▽1回戦

一関学院(岩手)

  00000020=2

  01000233=9

八戸学院光星(青森)

(八回コールド)

(一)新沼、佐々木、岩渕、滝田-吉田(八)成田、福山-瀬川▽本塁打 長南(八)▽二塁打 幸田(一)〓井、近藤(八)

 八戸学院光星が計16安打のコールド勝ちで好スタートを切った。秋山が二回に先制適時打を放つと、六回にも2点を追加。七回に1点差に詰め寄られたものの直後に長南が本塁打を放って主導権を取り戻し、八回の3点追加で突き放した。一関学院は七回に幸田の2点適時打で反撃。4投手が継投したが光星打線を封じられなかった。

追い上げ及ばず

 ▽2回戦

利府(宮城)

  000140020=7

  002010003=6

青森山田(青森)

(利)長谷川-石川(青)今、平沼、東谷-柴崎▽本塁打 長尾(青)▽三塁打 林田(利)▽二塁打 長尾(青)

 青森山田が初戦で姿を消した。三回、長尾の本塁打で2点を先取するも、五回に継投に立った平沼が猛打を浴び4失点で逆転を許した。4点を追う九回、2死満塁から長尾が3点適時打を放ったがあと一歩及ばなかった。利府のエース長谷川は、被安打5で完投。五回に逆転した後も八回に2点を追加し、そのまま逃げ切った。

9番打者特訓実る

 ○…八戸学院光星の9番打者・秋山が2本の適時打で先制点と2点目をたたき出した。県大会では準決勝で弘前東に延長で競り負けた。そこから約3週間、初球からのフルスイングと低めの球を見極めることを意識して徹底的にバッティング練習を繰り返した。仲井宗基監督は「追い込まれてからしぶとく粘る一打が見られた」と評価。自身も「打つところは打ち、つなぐところはつなぐ。次も欲を出さずに自分の役割をしっかりと果たして優勝したい」と意気込んだ。

次に読みたい

あわせて読みたい