特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

日大山形が初戦快勝 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【学法石川-日大山形】四回裏日大山形2死二塁、橋本が4点目となる右前打を放つ=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで 拡大
【学法石川-日大山形】四回裏日大山形2死二塁、橋本が4点目となる右前打を放つ=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで

 第70回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞福島支局など後援)は13日、県営あづま球場(福島市)とヨーク開成山スタジアム(福島県郡山市)で開幕した。1、2回戦計4試合が行われ、県勢は日大山形が学法石川(福島3)に7-2で勝利した。

 開会式は雨天のため、スタンドで実施。聖光学院(福島)の矢吹栄希(はるき)主将(2年)が「6年が過ぎた東日本大震災の復興に向け、勇気と希望を届けられるように全力を尽くします」と選手宣誓した。14日は県勢の2校、東海大山形と酒田南も登場する。【的野暁】

投打かみ合う

 <ヨーク開成山スタジアム>

 ▽1回戦

学法石川(福島)

  200000000=2

  11023000×=7

日大山形(山形)

 (学)永成、大原、関口-小島

 (日)田中、佐藤洸-渡部

▽三塁打 西島、橋本(日)

▽二塁打 山口(学)西島、榎本(日)

 日大山形は二回裏、西島と橋本の中前打で同点。四回裏1死から、西島と榎本の二塁打で2点を挙げた。五回裏2死一、二塁にも、西島の三塁打などで3点を追加し、突き放した。投げては先発・田中を引き継いだ2番手、佐藤洸が6回3分の1を被安打1、失点0と好投した。学法石川は一回表に2点を先制するも、後続が抑え込まれた。


 ■走攻守

優勝へ「次戦も食らいつく」 西島好亮(こうすけ)選手・日大山形1年

 この日は荒木準也監督の誕生日だった。五回裏2死一、二塁、4球目のチェンジアップをたたきつけた。相手を突き放す適時打。「仲間がつくってくれたチャンスを逃すわけにはいかなかった」と試合後に振り返り、破顔一笑。「プレゼントを贈ることができました」

 仙台市内の硬式野球チームに所属していた中学時代、荒木監督に声を掛けられたことが、最初の出会いだった。誘われて、対酒田南戦を観戦。敗れた選手たちを励ます監督の熱い姿に感銘を受けたという。

 春の大会はベンチ入りを果たしたが、夏は外れてしまった。悔しさを胸に猛練習。それでも、「山形大会の準決勝では三振してしまった。敗戦は自分の責任です」と生真面目に語る。そうした信頼を受け止める荒木監督の西島評は「粘り強さが持ち味」。優勝という最大の贈り物のため、「次戦もチャレンジ精神を忘れず、必死に食らいつきます」と声を強めた。【的野暁】

次に読みたい

あわせて読みたい