メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

候補者の横顔と主要論点の見解 5区 /千葉

 (届け出順)

 ◆5区

長男と遊ぶ楽しみ 薗浦健太郎氏 45 自前(3)

 3期目は副外相や首相補佐官(安全保障担当)として外交分野で活躍。海外出張が多く、なかなか地元に帰れなかったのが悩みだが「最前線で取り組んできたことを訴えたい」と話す。市川市と浦安市は読売新聞記者時代に担当したが、出身地は高松市。厳しい選挙も続いたが「なせば成る」の思いでやってきた。政治に対する意識の高い有権者が多いといい「話していて勉強になることが多い」。

 6歳の長男と遊ぶのが何よりの楽しみ。激務で2、3週間会えないこともあり、「久しぶりに家にいたら『パ…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです