特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-稲葉陽八段 第20局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ガリガリ攻める

 [先]4四桂が強烈な一手である。稲葉は一方的な守勢に立たされた。

 [先]4四桂では味を持たせて[先]6六角も考えられるが、以下[後]同角[先]同歩[後]7六歩[先]同銀[後]5九角[先]5八金[後]1五角成[先]2九飛[後]3三馬で後手陣も堅くなり、難解な形勢になる。

 本譜の[先]4四桂~[先]4五歩は明快な攻撃だった。豊島はさらに[先]4四銀とガリガリ攻めた。普段は物静かな青年だが、対局、勝負となるとまるで人が変わったように迫力がある。

 稲葉は顔色を変えずに[後]4四同銀[先]同歩[後]同角と応接した。攻められてはいるが、攻め駒を蓄えて反撃に転じたい。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文776文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集