メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

印南町制施行60周年 子どもら「印南音頭」踊る /和歌山

印南音頭を踊る子どもたち=和歌山県印南町の印南漁港で、山本芳博撮影

先人への感謝と郷土愛

 先月23日に印南町制施行60周年の記念式典が同町印南の印南漁港で開かれ、特設舞台で浴衣やはっぴを着た子どもたちが地元に伝わる「印南音頭」を踊った。人口減少が続く同町で郷土愛を育むと同時に先人への感謝の気持ちを込めて。

 「印南音頭」は同町出身の音楽家、丸田大雅(1897~1978年)が1933(昭和8)年に作詞・作曲した。「そ~れ。どどんがどんときてどんと踊れ~。どんとね~。さあ~さ。印南音頭でどんと踊れ~」というサビが印象的で、三味線の軽快な演奏に合わせて、84年間踊り続けられている。丸田は他にも70年に「印南盆唄」や「印南哀史小唄」などを作った。町教…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです