漫画

波瀾万丈の人生描く 聴覚障害の久留米市・平本さん、著書出版 HPでも公開中 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 生まれつき聴覚障害のある久留米市西町の漫画家、平本龍之介(本名・瀧本大介)さん(37)が、自らの波瀾(はらん)万丈の人生を漫画で描いた著書「ひらもとの人生道」(1400円)を出版した。平本さんは「多くの健聴者にも読んでもらい、聴覚障害者への理解を深めるきっかけにしてほしい」と話す。【高芝菜穂子】

 平本さんは東京都出身。約10年前、妻の実家がある久留米市に引っ越し、保険会社で事務の仕事をしている。周囲の声は雑音のようにしか聞こえないが、幼い時から唇の動きで内容を読み取る「読唇術」や発声の訓練をし、筆談、メー…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

あわせて読みたい

注目の特集