メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

順守「認めぬ」 制裁再発動、トランプ氏提案へ

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は13日、対イラン包括戦略を公表した。米国など主要6カ国と結んだ核合意について、イランが順守していることは「認めない」とし、米国の国益に反すると議会に通知することを決定した。核開発だけでなく、イランによる弾道ミサイル開発やテロ組織支援も封じ込めるため、対イラン制裁の再発動を可能にする国内法の改正を米議会に呼びかける。トランプ大統領が13日午後(日本時間14日未明)、演説で戦略の詳細を明らかにする。

 トランプ政権は、イランが弾道ミサイル開発などで中東地域を不安定化させ、合意の精神を「著しく損なっている」ことを「不認定」の理由としている。合意の履行違反ではなく、独断的な判断で制裁をちらつかせる姿勢に国際社会の批判が高まるのは必至だ。通知は合意の履行状況を3カ月ごとに議会に報告することを定めた国内法に基づく。議会は通知から60日以内に制裁を再発動するかの判断を下す。核合意は多国間で結ばれたため、…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです