衆院選2017

候補者アンケート 希望、目立つ不一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞の衆院選候補者アンケートでは、小池百合子東京都知事率いる新党・希望の党に、党内の意見が定まっていない政策テーマが多く浮かんだ。自民党や同じ新党の立憲民主党と比べると、候補の回答が割れた政策も目立ち、突然の衆院解散による「急造」の印象は否めない。一方、学校法人「森友学園」「加計(かけ)学園」の問題では、与党候補からも安倍晋三首相にさらなる説明を求める声が上がった。【小山由宇、村尾哲】

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2025文字)

あわせて読みたい