メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

ファシズムへの道=保阪正康

左は明治時代の官報の「大日本帝国憲法」の表紙。右上は1968年に政府が日本武道館で開いた「明治百年記念式典」の様子。右下は戦前の満州事変当時の日本軍 コラージュ・大井美咲

明治初期への先祖返りか

 来年は明治維新から150年である。この欄でもその時代区分にふれたことはあるが、それとは別にこの節目に、さまざまな形の儀式や史実の見直し、あるいは史実の補完が行われるべきであろう。すでに安倍晋三政権も、明治に生きた人々の精神を今後の発展の土台に据える、と何らかの行事を考えていると報じられている。

 もっとも安倍首相は山口県の出身だから、ひときわ強い愛着を持っているのかもしれない。明治150年は長…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです