イラク

北部の係争地に部隊 クルド自治政府「自衛」主張

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イラク北部クルド自治政府は12日までに、イラク北部の油田都市キルクークにクルド治安部隊「ペシュメルガ」の兵士約6000人を配置した。ロイター通信などが伝えた。イラク中央政府軍がキルクークへの大規模攻撃を準備しているとの情報が11日ごろから流れており、クルド側は侵攻に備えた「自衛措…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集