メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

トランプ氏新戦略 イラン・欧州、反発必至 国連専門家パネル元メンバー、鈴木一人・北海道大教授の話

強硬姿勢の宣伝に過ぎぬ

 イラン核合意を認めないと米議会に通知するトランプ政権の対応の影響について、国連安全保障理事会のイラン制裁委員会専門家パネルの元メンバー、鈴木一人・北海道大教授(政治学)に聞いた。【聞き手・久野華代】

 トランプ政権が核合意をイランが順守していないと判断しても、合意は維持される。米議会が制裁を復活させ、イランが報復として合意違反をすれば失効する。今回の措置は、トランプ氏の支持者やイスラエルに対し、イランに強硬な態度を取っているという政権のアピールにすぎない。

 実際にはイランが核合意を順守しているとトランプ政権も理解はしているが、一方で中東での影響力の増加を…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文607文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです