メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

佐々木芽生さん=太地町の捕鯨を巡るドキュメンタリー映画監督

佐々木芽生(ささき・めぐみ)さん(55)

 「誰も悪人のように描きたくなかった。『正義』の反対には『悪』ではなく、もう一つの『正義』があると思う」

 和歌山県太地町の捕鯨を巡る世界的な論争を追ったドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」を完成させた。米ニューヨーク在住で、2010年から太地町を20回以上訪れて撮影。捕鯨を守る日本人と、それを許さない外国人--。そんな構図だけでは描ききれない事実を伝えたかった。

 10年にアカデミー賞を受賞した米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」は、隠し撮りしたイルカ捕殺の場面…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです