メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

上へ上へ挑戦と観察 カロリーナ・ステチェンスカ 女流1級(26)

カロリーナ・ステチェンスカ女流1級=東京都渋谷区で2017年10月3日、根岸基弘撮影

 今年2月に女流2級に昇級し、外国人初の女流棋士となった。女流棋士の仮資格となる女流3級になったのが2015年10月。2年の間に昇級しなければ仮資格が取り消されるため、一戦一戦で「勝たないとポーランドに帰ることになるかもしれない」とプレッシャーを感じていた。正座にも慣れ、すっかり堪能になった日本語で「女流2級になって将棋を楽しめるようになった」とはにかんだ。

 女流棋士の仲間入りを果たしてから戦い方も変わった。仮資格の時は1勝が重いため戦法を一つに絞って深く研究したが、この半年はこれまで指さなかった居飛車など、実戦で新たな挑戦もするようになった。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです