メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

絵手紙作家・小池邦夫さん ときめき送る絵手紙

自身の手による絵手紙を広げる小池邦夫さん。「誰にもできることを誰にも出来ない程やりつづける」は妻の恭子さんに宛てた=東京都狛江市で2017年10月4日、宮本明登撮影

 自らの思いを筆に乗せ、絵と相手へのメッセージを届ける絵手紙。その創始者である絵手紙作家の小池邦夫さん(76)=日本絵手紙協会(東京都中央区)前会長=は、友人に送り始めたのを機に、半世紀以上にわたって描き続けている。自身の「手紙書き」としての原点は、中学生の時に教師から送られた手紙だったと振り返る。

 「筆や墨のような古い媒体でも、それで描いたものって、見た人の心に入ってくる。僕も気持ちが満ちていないとうまく描けない。描くほうと受け取るほうの両方に心地よさ、ときめきがあるのが絵手紙」

 東京都狛江市の団地の一室を借りたアトリエ。小池さんは近くの自宅から毎朝、徒歩や自転車でアトリエに通…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです